料理研究家・宮成なみの台所の知恵袋

ソース

塩分半分。お値段も半分♪手作りトマトケチャップの作り方

※ メルマガからの転機です。

 

○○さんへ

 

お正月が開けて、

なんだか慌ただしく過ぎざる今日この頃、

○○さんは、いかがお過ごしでしょうか?

 

仕事始めにケチャップをコトコト煮詰めつつ、

○○さんにメルマガ書いてる宮成です。

 

キッチンはトマトの良い香り。

まずは、何でたべようか。

すでに口はケチャップ味になっています。

 

 

RKB今日感テレピで紹介するこの、

トマトケチャップレシピ

 

実はコレ、私の著書

「奇跡のごはん」に載ってるレシピなんです。

 

何度も何度も作り直してできたレシピだけど、

また新たにリニューアル。

自家製ケチャップ2015年バージョン。

 

爽やかで、食べやすいトマトケチャップです。

味は完全にトマトケチャップ。

 

酸味を押さえ気味にしてるので、

子供も男子も食べやすいかと思います。

 

酸っぱくない、マイルド仕上げなケチやップです。

 

IMG_5361_2.JPG

 

 

IMG_5335.JPG

 

サバのソテーに載っけて食べると美味しい。

これで作ったナポリタンもおいしい

 

100円のトマト缶で430gできました。

だいたいケチャップ1本分♪

 

レシピはコチラです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自家製トマトケチャップ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

特価89円のトマト缶で、

198円のケチャップとほぼ同量で、価格は約半分。

計算したら、塩分も約半分でした。

たっぷりかけて贅沢に食べられるケチャップです。

 

トマト缶 1缶

たまねぎ 1個

にんにく 1かけ

ローリエ 1枚(なければ、オレガノでもバジルでも可)

塩  小さじ1

砂糖 大さじ2

酢  大さじ2

あれば、シナモン少々(なくてもいい。隠し味程度にいれると美味しい)
※ 酸っぱいのが苦手な方は、酢大さじ1にしてください。
 

作り方

  1. 玉ねぎは薄切りにする。
    ホールトマト缶は手で潰す(カットタイプはそのまま使ってよい。)

     
  2. 鍋にローリエ、トマト缶、玉ねぎ、にんにくを入れて、弱火にかける。
    時折かき混ぜながら、水分が飛んでもったりするまで煮詰める。

     
  3. 砂糖、酢、塩を加えてさらに煮る。
    水分が飛んでもったりしてきたら、きれいに洗って乾かした空き瓶に移し、
    バーミックスで撹拌する。なめらかになったらできあがり。
     

※ 冷めてから冷蔵庫にいれてください。賞味期限は、2週間。
  (冬場で1ヶ月大丈夫でした。あっという間になくなるけど。)
 

ナポリタン、オムレツ、オムライス、白身魚のソテーなど、
なんでも使えて便利です。

 

野菜を食べる万能ソースです。
ぜひ作ってみて下さいね。

 

料理研究家

宮成なみ。

 

 

2015/01/19 なみレシピ   宮成 なみ

鶏胸肉をしっとり柔らかに茹でる方法〜「しっとり鶏のサルサラダ」を紹介しました。

 

鶏胸肉をしっとり柔らかくゆで上げるコツは、余熱で火を通すこと。
紙のようにパッサパサになりがちな胸肉が、びっくりするくらい美味しくなります。

 

 

 

粗熱が取れたら、
茹で汁ごとタッパに移して冷蔵庫に保存しましょう。
食べる前に裂いたほうが味が抜けずに美味しいです。

 
お湯を沸かして沸騰したら、
鶏むね肉をドボン!と入れて火を止めるだけだから、
火を使うのは、お湯を沸かす間だけ。
 
超節電、超省エネ、超手抜き(笑)
でも、旨い!
 
蒸し暑〜い日が続く季節に、お父さんのおつまみに、
ぴったりな一品です。                      
 
 
IMG_2512[1]...
 
【 材 料 】 分量2人分 / 1人分178kcal
 

 

鶏胸肉 : 1枚
トマト  : 1個
玉ネギ  : 1/2個
ピーマン : 1/2個
きゅうり : 1/2本
塩    : 小さじ1/2
タバスコ : 小さじ1/2〜お好みで
レモン汁、ケチャップ、オリーブ油 : 各大さじ1


 
【 材料選びのコツ 】


* トマトは真っ赤な固めのトマトを使うのがオススメです。
   種の部分に旨味成分がたっぷりあるので丸ごと使います。

* 水分の多いトマトの場合はケチャップを少し増やすか、水気を少しだけ切るといいです。

* タバスコまたは、チリペッパーでもOKです。 辛いのがお好きな方は増量してください。
 
  
 
【 作り方 】

 

1.  厚手の鍋に湯を沸かす。沸騰したら、鶏むね肉を入れて火を止める。

   ふたをしてそのまま冷まし、余熱で火を通す。(予熱で十分火が通ります。)
 
2.  サルサソースを作る。玉ネギ、ピーマンをみじん切りにし、塩少々(分量外)をまぶす。
   しばらく置いて水気を切る。(余計な水分が除かれ甘味がでます。)

3.  みじん切りにしたトマト、2の玉ねぎ、ピーマン、
   レモン汁、ケチャップ、オリーブ油、塩を入れ、良く混ぜる。
   冷蔵庫に入れてよく冷やす。(味が馴染みます。)

4.  茹で汁が冷めたら鶏むね肉を取り出し、繊維に沿って細かく裂く。
   きゅうりは千切りにする。きゅうりと裂いた鶏むね肉を皿に盛り、
   サルサソースをかけてできあがり。
 
 
【 身体にイイコト♪1POINT 】
 
フレッシュソースでリフレッシュ!

暑い夏を乗り切るには、夏野菜が一番!
土から上に育つ夏野菜は体の中に溜まった熱を発散してくれます。


加熱しないで作るサルサソースは、
カリウムを効率的に摂ることができ、女性に大敵のむくみにも効果的。


またトマトやピーマンなどの緑黄色野菜に含まれるカロチンは、
油と一緒に摂ることで吸収率がupします。

 
刺激的なフレッシュソースで食欲の落ちがちな夏を爽やかに乗り切りましょう! 

 

 
2012/08/08 料理のコツ   宮成 なみ