料理研究家・宮成なみの台所の知恵袋

メルマガバックナンバー

新年のご挨拶。現状は変えられなくても…

明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします!

 

 

慌ただしく過ぎ去った年末年始。

皆様いかがおすごしでしょうか?

 

私は、1日だけ実家に帰り、

父と晩酌しながら飲んだくれ、

友人と昔話に花を咲かせながら飲んだくれ、

二日酔いで病院に行くと言う、

慌ただしくも楽しいお正月を過ごしてきました。

 

 

意外と忘れてることって多いですねー。

友人と、20年前の高校生活の話をしていて、

 

高校時代が20年前だってコトに

改めてびっくりしつつ、

ここまで来れてよかったなぁって

しみじみと感無量です。

 

 

そんなお正月をほんの少し、

Facebookからシェア。

 

 

 

【濃厚な3ヶ月】

入院生活が長かったから、留年しちゃった私。

1度目の高校2年生は、3学期のわずか3ヶ月しかいけなかった。

けれど、その3ヶ月はすごく濃厚だった。

 

1度目の高校2年生はね、

退院した時点で、留年決まってたから、

行っても行かなくてもどちらでも良かったの。

 

行こうが、行くまいが、「留年」と言う事実は帰られない。

どうせ留年するなんだから、

月からの2回目の2年生からでも大丈夫だった。

 

 

でも、もし、あのとき。

 


どうせ留年するんだし…って言って、

学校に行ってなかったら、

彼女と20年の時を経て、

こうして飲むこともなかっただろうし、

 

もしかしたら、

私は料理研究家になってないかもしれない。

 

 

今思えば、「留年する」って言う

状況を変える事はできないけれど、

その先にある未来を変える事ができたんだ…。

 

あのときは、

迷惑かけることが辛くてしかたがなかったけれど。

 

 

貧血で倒れるたび、

160センチ以上ある私を、

150センチそこそこの彼女が背負って

保健室に連れて行ってくれた。

 

抱えきれないから足はズルズル引きずって。

 

迷惑かけてごめんね、ごめんねって謝る私に、

 

 

「謝らんでいいけん、がんばろうや!」

 

 

って声をかけてくれた彼女。

 

クラスメート全員で少しずつお金を出し合って、

買ってきてくれた修学旅行のお土産のオルゴール。

 

担任のM田先生は、

私がいないところで、

私の病状とフォローの仕方をみんなに伝えてくれていた。

少しでも私が学校に通えるようにと。

 

今でもメールをくれる。

励ましてくれる。

きっといつまでも変わらない恩師だ。

 

自分が知らないところで、

自分のことを思ってくれてるひとがいる。

動いてくれてる人が居る。

 

辛ければ、辛いときほど、

変えられない状況は受け入れて、

笑顔になって、前を向いて突き進む。

 

陰でわんわん泣いちゃう事もあるけれど、

ちょっとずつ進んでいけば、

きっと未来が変わってく。

 

数年後の想い出話になっている。

 

Fちゃん。

あのときの気持ちを思いさせてくれてありがとう。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ココまでが私のFacebookのUPした記事。

 

先に友人がUPしてくれて、

それに私がアンサーメッセージのように

返した記事でした。

 

 

そして、下記が友人が書いた記事。

(許可をもらってかいてます。)

 

 

10419576_68...

 

 

 

2年ぶりに、

高校時代たった3ヶ月しか

一緒に過ごしていない友達に会ってきました。

 

 

5年以内に8割が亡くなると言われる難病を16歳で発症した彼女、

20年以上たった今、彼女は当時とはすっかり変わってます。

 

明るいし、生き生きしてて、パワフル!

 

2日に1回の透析をうけながら、

料理研究家の道を歩んでいる彼女と話して、

力を貰わないはずがなく、良い時間が過ごせました。

 

白が好きで、選んで、自分なりに楽しくやってたら、

黒い世界がある事を知り、

知れば知るほど自分を否定されてるようで、わけがわからなくなり、

どん底に突き落とされ、

 

それでも黒い世界を勉強してると、

なんか少し先が見え出して、

浅い知識で白を選ぶと変な事になりかねないから、

黒も知らないと行けないのか。

 


結局のところ、白にも黒にも一流がいて、

一流はどちらも知ってて、

力の入れどころも抜きどころも知ってて、

自分に合う方を選んでるよね。

 

 

正しいとか間違いないとかでなく、

自分で体験して、失敗して、

気付く事が一番身に染みるよね。

 

自分を表現する仕事を選んだ二人だから

分かり合える事が沢山ありました。

 

ただ話してて思ったのは、

彼女は白でも黒でもなく、ピンクを作り出すな?きっと。

料理研究家 宮成なみ 公式サイト
http://miyanari-cook.com/prof

 

 

ピンク色の世界、つくりだせるかなぁ?

自信はないけれど、

きっとたどり着いて振り返ったとき、

見える色に幸せを感じられたら嬉しいです。

 

 

そんな未来を作り出す、

1年にしたいと思います。

 

 

どうぞ今年もよろしくお願いします。

 

 

 

料理研究家 宮成なみ。



 

2015/01/04 メルマガバックナンバー   宮成 なみ

暮れのご挨拶。辛いのは幸せの一つ手前だから。

おはようございます!

料理研究家 宮成なみです。

 

師匠も走り出す大忙しの師走、○○さんはいかがお過ごしでしょうか?

私は、博多の祖母こと、人生のお師匠さん数人と

楽しい忘年会をしてきました。

 

そのときに、博多の祖母が言ってくれた言葉を

みなさんにぜひともお裾分けしたいと思い、

筆?、キーボード?をとりました!

 

今も、まだ、ちょっとウルッときています!

お酒のせいかなぁ。笑

 

 

Facebookの記事からのシェアです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「辛いのは、幸せの一つ手前やけん。

あと少したい。大っきな幸せが待っとるけん」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私のことを可愛がってくれてる博多のおばあちゃんがそんな風に励ましてくれました。

辛いのに一つ足すけん幸せとよ、って優しく笑いながら。

 

2014年は本当に良い年でした。

本当にたくさんの出会いがありました。

 

産みの苦しみもたくさんあったけど、乗り越えることができたのは、私を信じてくれる人がいたから。

見守って励ましてくれた人がいたから。共に歩んでくれた人がいたから。

 

そして共に乗り越えた時の達成感と充実感は最高だった。

喜びが、身体中を駆け巡るんだ。細胞の隅々まで。

 

何かを産み出すときに、心地よいだけでは進めない。そんな時、苦言を言うのも、想いを伝えるのも、言われた本人だけが辛いんじゃないんだよね。言った後、言った本人も色々考えちゃう。

 

それでも言ってくれたのは、信じてくれたから。
それでも伝えたのは信じているから。
その先に、未来に可能性と伸び代を感じているから。
どうでもいい人には言ったりしない。思考の隅に擦りもしない。適当にYesで済ませるのが早いから。

 

そんな人たちと作り上げることができたことがすごく嬉しいの。きっと私一人では、決して成し遂げることなんてできなかったから。

 

辛くても諦めないでその一歩を踏み出したら、いろんな事が繋がり出した。動き出した。

私の病気を治せるかもしれないお医者さんに診てもらえるかもしれない。

私がずっと作りたかった食事療法をカタチにできるかもしれない。

毎日のごはんで元気を作る、笑顔をつくる、それを仕事にする人が日本中に広がっていくかもしれない。

 

全然関係ないって思っていたところから、ちゃんと繋がってた。

 

必要な時に必要な人が現れて、必要なことを伝えていく。受け止められた想いは醸されて熟成されて人生という名のカタチをつくる。

 

必然と偶然を重ねて、出会って別れて、繰り返される。私はこの出会いを大切にしたいと思います。

私の人生に寄り添ってくれてありがとう。出会ってくれてありがとう。

 

来年はどんな出会いとケミストリーがうまれるんだろう。考えるだけで今からワクワクするよ。この感動と喜びを細胞の隅々まであなたと一緒に分かち合いたい。

 

 

お正月はのんびり日本酒飲みながら2015年にやりたいことと夢を100個書き出すよ?

来年も素敵な年になりますように☆
ではでは、良いお年を!\(*´▽`*)/

 

 

追伸☆
まずは、料理と病気が教えてくれたこと、台所で学んだこと、カタチにして発信していきたいです!
よかったら、登録してくださいね\(*´▽`*)/

 

http://smart.reservestock.jp/subscribe_form/index/23450


IMG_2660.JPG

 

 

2014/12/31 メルマガバックナンバー   宮成 なみ

料理上手に見えるコツ。重箱に幸せ詰めて差し入れを

おはようございます!

料理研究家の宮成なみです。

 

年の瀬、○○さんはいかがお過ごしでしょうか?

大掃除は済みました?

 

私は、大掃除どころか、

未だ開いてない引っ越し後の荷物があって、

いい加減あけなきゃヤバいなぁ…と

ちょっと途方にくれております。

 

 

 

 

今、断捨離というか、

要らないものの処分をしてるんですが、

重箱が5つも6つもでてくるんです。

 

IMG_3203.JPG

 

もうね、

重箱は見ると即買っちゃいます。

衝動的に。

ワクワクが止まらなくて。

趣味ですかね?

重箱フェチ??

 

 

いろんな大きさ、いろんなカタチ、

いろんな柄の重箱がたくさん。

 

つい、買っちゃう。
 

 

同じ大きさの重箱、持ってるのに

違うって柄とか見つけちゃうと、

つい買っちゃう。
 

 

重箱にあわせた風呂敷もたくさん。

 

あと、手ぬぐいも好きで、

すぐ買っちゃう。

 

 

 

なんで、こんなに重箱ばっかり買っちゃうんだろう?

 

って思ったら、

 

 

 

重箱使うときって何かのイベントで

差し入れするときなんですよね。
 

 


イベントのときって、

主催者さんやスタッフさんたちって忙し過ぎて

ご飯食べそびれちゃうこと多くって、

しかも近くにコンビニない、

なんて会場も多くって。
 


そんなときに簡単につまめるおにぎりと

卵焼きと唐揚げとかが入った重箱の差し入れって

すごい喜ばれるんです。

 

そんなにたいしたものは入ってなくても。

 

重箱って横に広いし、

カバンに入らないから風呂敷で別持ちになるし、

あんまり便利とはいいがたいんだけど、

なんかすごく特別感がある。

 

子供の頃の運動会とか思い出しちゃって

なんかすごく、わくわくする。
 


重箱が好きなんじゃなくて、

蓋を取ったときのみんなの笑顔と

そんなわくわく感が好きなんだなって思ったら、

やっぱり、重箱は捨てられそうにありません。

 

 

桜の花も綺麗に咲いてる。

 

お気に入りの重箱に幸せ詰め込んで、

笑顔を差し入れしにいきたいと思います。

 

 

4660903.jpg

 

○○さんも、重箱、手に入れてみませんか?

 

おむすびと卵焼きと唐揚げに

トマトとブロッコリー。

 

ただそれだけのお弁当でも、

なんだか豪華に見えますよ♪

 

オススメです!

 

料理研究家 宮成なみ

2014/04/03 メルマガバックナンバー   宮成 なみ

初心に戻ってみようと思う〜回想その2

jagaimo.jpg

 

なんで、料理研究家になったんだろう?

なんで、料理研究家になれたんだろう?

 

 

ふと、そんなコトを考えていたら、

 

 

鶏が先だったのか、
卵が先だったのか。

今となってはわからない、

 

卵売りみたいな気持ちになりました。

 

 


ただ、今も昔も変わらないのは、

鶏の世話が楽しくて、鶏が可愛くて、
大切に大切に育てていたら、

気が付いたら、卵売りになっていた。

 

そんな感じでしょうか。

 


たぶん、どっちが先でもいいんです。

卵が先でも、鶏が先でも。

 

 

今でも鶏の世話は好きだし、鶏も可愛い。

 

可愛くて、好きな鶏だからこそ、
今の私にできることがある、

 

そんな気持ちになってきてる。

そんな感じなのかなぁって思うんです。



小さい頃は、料理がとても好きでした。

 


長女の私だけは、

母と共に台所に入ることが許されていたからです。

 

幼い妹二人は、

危ないから、という理由で台所には入れてもらえません。
 

 

「いいな、いいな、ねーちゃん、いいな」

 

と羨ましがる妹たちの前で、
母の隣で、レタスをちぎる、5歳の私。


 

誇らしげに得意げに、

いつもは妹二人に独占されてしまう母を

私一人が独占している特別な時間。


 

不器用な私に母は根気よく、

料理の仕方を教えてくれました。
 

 

母が台所で使う便利グッズと言えば、
スライサーくらいのもので、

 

包丁一つでなんでも作ってしまう母が、
私のために皮むき器を買ってくれました。

 

 

「これはなみ専用やけん、お野菜剥くときに使いなさい」と。
 


後から聞くと、あまりにも分厚く皮を剥く私を見て、
やる気を出させるために「上手、上手」と褒めたけど、


あまりにも身が少なくなりすぎるため、
仕方なしに(本当は買いたくなかったけど)

皮むき器を買ってきたのだそうです。


 


当時まだ、100円ショップなどありませんから、
皮むき器ひとつとっても、そんなに安いものではなかったはず。


 

そんなことは露知らず、私専用だと、
誕生日でも、クリスマスでもないのに、
買い与えられたピカピカのステンレスの皮むき器。


 

大きなお腹と大きな買い物袋を抱えた母が、
家に戻ってくると、台所に飛んでいき、

 

「今日はナニつくると?」って献立を聞いたら、
必要な材料を渡されて、

お野菜を洗って皮を剥きました。
 


肉じゃがのときは、ジャガイモと人参と玉ねぎの皮を剥く。
カレーとシチューと、ジャーマンポテトの時も同じ。

 


ポテトサラダの時は、母に

ジャガイモと玉ねぎの皮?いてね、

 

と頼まれたらて、

こっそり、できるだけ、

小さい玉ねぎ、選んじゃう。
 

ポテトサラダの玉ねぎは

あんまり好きじゃないから。

 

 


材料の皮を剥きながら、

何の料理には、

ナニがはいるのか。
 

 

コレはどのタイミングでいれるのか。
 

なんで、そのタイミングでいれると美味しくなるのか。
 

 

そんなことを聞きながら、
私は野菜の皮を剥きました。

 

 



初めてのことにチャレンジするとき、
少し不安になるけれど、

 

 

そこには、横で見守ってくれる人がいた。
 

あなたならできるよ、大丈夫って
何も言わずに、信じて見守ってくれてる人がいた。

 

うまく行ったときには、
まるで自分のことのように、共に喜んでくれる人がいた。


 

 

チャレンジして、失敗したり火傷をしたり、
痛い思いをすることもあったけど、

 

 

頑張ったね、次はどうするか、考えてごらん。
そしたら、次はもっとうまくなる。

 


お金は使い方次第でなくなっちゃうけど、
体験したこと、覚えた知識は使うほどに増えていくから。

 


この失敗も、いつしかあなたの糧になる。

 

そんな風に教えてくれる人がいた。

 

 

 

私もいつしか、そんな風になりたいなぁって

憧れてたのかもしれません。

 

 

料理研究家になるまで、

なっても、

 

教えたいと思った事は一度もなくて、

いつでも、思うのは「伝えたい」って気持ちが大きい。

 

 

あの、幼い頃に初めて皮むき器をもらったときの嬉しさや、

「美味しい!」って言われたときの嬉しさを。

 

上手くできなくて、悔しくて、

美味しくできたときの充実感を。

 

 

たくさんの幸せが、

ごはんには詰まってる。

 

 

私はきっと、料理の楽しさを

○○さんと一緒に、楽しみたいんだと思います。

 

いつか一緒に、

お料理作れるといいですね。

 

その時は、どんどん質問してくださいね。

たくさん、一緒に失敗しましょう。

上手くいったら、ハイタッチしましょう。

横で見守っていますから。

笑顔の食卓で、楽しくごはんを食べましょう。

 

 

料理研究家 

宮成なみ

 

 

 

 

 

 


 


 



 

 

 

 

 

2013/12/16 メルマガバックナンバー   宮成 なみ

初心に返ってみようと思う〜回想その1

こんばんは!

料理研究家の宮成なみです。

 

 

冷え込みの厳しい今日この頃、

○○さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

私は、

どうしても、今週中には書き上げたい原稿があって、

何度も何度も書いては消して、消しては書いて。

 

「あー、私、才能ないっちゃん!全然、想いが表現できん!」って

パソコンの前で頭くしゃくしゃにしています。

 


……あれ?

 

これ、私、11年前にも同じことしてる?(笑)

 


料理研究家になりたくて、想いを伝えようと、

西日本新聞社さんの「食卓の向こう側」にお手紙を書いた時。

 

同じことを言って、同じように頭を抱えて、

部屋には失敗した原稿の紙が山となっていて。

 

あの時、私には鮮明な夢がありました。
 



今年のお正月に書いた書き初めの一文字が「初」

 

IMG_1642.JPG

 

 

初挑戦、初体験、見たことないもの、

したことないことにどんどん、チャレンジしていこう!

 

初心に戻る。初めから始める。

そんなリセットの年にしよう!
 

 

そんな一年にしようと決めて書いた一文字。

 

あの頃の気持ちを思い出すために、

初心に戻るために、振り返ってみようかなって思います。


 

私はなんのために料理研究家になろうと思ったのか。
 


私は何のために生きてるのか。
 

私がホントに望んでいることってなんなのか。
 

 


見えてくるような気がするから。
 


 

遠回りなような気もするけど、急がば回れ、とも言うし。
 


ボチボチと、過去を振り返りつつ、未来に向けて、

自分の気持ちを整理するために書いていくので、

独り言のような回想になっちゃうかもです。

 


○○さんの暇つぶしにでもなれば幸いです。

 

 

来年の1文字は何にしようかな。

 

不思議と、1月4日の書き初めの時に書く、

「今年の1文字」

通りの1年になるんです。

 

 

○○さんの1文字はなんですか?

年開けたら、ぜひ教えて下さいね。

 

ではでは、おやすみなさい。

 

 

 

 

料理研究家 

宮成なみ

2013/12/16 メルマガバックナンバー   宮成 なみ

発酵レシピ* 秋の酵素 〜 梨と葡萄と無花果の手作り酵素

お待たせいたしました?ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪

 

今日、TNCももち浜ストアで紹介された

「梨と葡萄と無花果の手作り酵素」のレシピを

無料プレゼントしています。


東京におられる方も、ロンドンにおられる方も、

世界の裏側におられる方にも、

 

ごはんで作る愛を発信していきたくて、

今の私にできることを一所懸命考えているところです。


 

小さな台所から、世界に愛を。ごはんで作る幸せを。

発信して、先人の知恵を、新たに生み出された生活の知恵を、

 

未来を担う子供たちに受け渡したい。

笑顔と元気が溢れる未来を創造したい。
 


今日のこの、レシピの発信が、

その小さな一歩なのかなって思います。
 

 

想いをこめて作りました。

ぜひ、受け取ってくださいね。

 

 

お友達や、家族や、大好きな人と、

発酵ライフを楽しんでくださいね。

 

愛する人の笑顔がみたい。

 

そんな気持ちが遠い遠い昔から繋がって

先人の知恵として現代に受け継がれ、

想いは今も繋がり、後世に紡ぐ。

 

そんな食文化ってとても素敵だなぁって思うのです。



↓レシピは、こちらからダウンロードできます?

miyanarinam...

 

ファイリングしてもらえると嬉しいです。

 

今回のレシピでかききれなかった

酵素づくりのコツや使い方、アレンジの仕方など、

どんどん公開していきますので、楽しみにしていてくださいね。

 

ぜひ、ホームページ、のぞいてみてください。

 

* 追伸。

手作り酵素に関する、ギモン、質問などありましたら、

いつでも お問い合わせフォーム または、コメント欄に書き込みしてみてくださいね。

 

あなたが「わからないな〜?どうすればいいんだろ〜?」

とギモンに思ったことは、誰かも同じように困っていることなので、

ホームページ上でバンバンお答えして、みなさんにシェアしていきたいと思っています。

 

 

どんどん、質問してくださいね^^

 

ではでは、楽しい発酵lifeをお楽しみください!

2013/09/04 メルマガバックナンバー   宮成 なみ

未来の自分へ贈るプレゼント

おはようございます!
料理研究家の宮成なみです。
 
 
照りつける陽射しが厳しい今日この頃、
○○さんはいかがお過ごしでしょうか?
 
 
 
私は、最近仲良くされて頂いている
とある、おばあちゃんから、
 
 
「なみさんの青春時代は今からなのかもね」
と、言われました。
 
 
36歳からの青春時代???
コレは謳歌しちゃって良いんでしょうか??
 
 
16歳で発病しちゃって、
7年半闘病生活してたから、二十代前半までは
ほとんど家と学校、会社の往復が私の世界だったし、修学旅行もいけなかったし。
 
 
 
だからなのかな。
退院したあとは、
本当に些細なことが幸せだなぁって実感する毎日になりました。
 
コンビニに行けることがうれしくて。
ビデオ屋さんでレンタルビデオ選べることが嬉しくて。
 
本当にホントにたまになんだけど、
友達とお好み焼き屋さんに行ってこっそり買い食いできることがすごい嬉しくて。
 
今、こうして、料理研究家として居られることも、
毎日、仕事ができることも、
お友達とお茶したり、
おしゃべりしたりできることも、
生きていられるということも、
すべてが幸せだなぁって思えます。
 
 
修学旅行にはいけなかったれど、
こうして、お仕事でいろんな県を訪れて、
その地域の美味しいものが食べられて
一緒に美味しいねって言って笑って食事ができて。
 
初めて見るもの、経験すること、訪れる場所。
すべてがすごく新鮮で。
ホントに些細なことなんだけど、
それでも毎日が驚きと刺激の連続で。
 
「ああ、ホントに、私
今、やり直したかった青春時代、やり直せてるんだなぁ」って
すごく嬉しくなりました。
 
 
どんなに悲しいことがあっても、苦しいことがあっても、
あの時頑張ってよかったなぁ、
今があってホントによかったなぁって思えます。
 
そう考えたら、悲しみも苦しみも、より大きな幸せを得るための
未来への自分に贈るプレゼントなのかもしれないですね。
 
 
いろんな景色を見てみたい。
日本中の美味しいものを食べつくしたい。
素晴らしい人たちに出会って多くの刺激を受けてみたい。
 
 
後悔なんてする暇ない。
落ち込む時間はもったいない。
思いっきり生きて、生きた証を残したい。
 
 
さぁ、明日から、また張り切って働こう。
笑顔と元気が溢れるごはん、たくさん作って生きていこう。
 
 
16歳の時にやりたかったけれど、できなかった事を、
36歳になって、20年経ったいま、
チャレンジしていきたいなって思います。
 
今より若いときはないって言いますしね。
 
 
 
このメルマガでは、
 
祖母や母、近所の八百屋や魚屋のおばちゃん、おじちゃんたちが教えてくれたこと。
病気が私に教えてくれたこと、
伝えてていきたいなぁって思っています。
 
 
3712710.jpg
 
 
料理研究家
宮成なみ。
 
 
 
2013/07/22 メルマガバックナンバー   宮成 なみ