料理研究家のお仕事

患者と震災。災害時緊急カードつくりました。大切な方に渡して下さい。

saigaijisos2.jpg

 

震災時に重要なのは、

情報が命綱だとは聞いていましたが、

今回の震災で、改めて、情報の大切さを思い知りました。

 

 

私自身、震災の備えが全くできてなかった…。

 

今、この状態で、震災がきたら、無事、病院にたどり着けるのか?

お薬は手に入るのか?心配です。

 

 

通っているかかりつけのクリニックの看護婦さんが

防災マニュアルを手作りで作ってくれました。

 

避難マニュアル震災.jpg

 

最低限、必要な情報をまとめた患者さんのカードを「緊急時情報カード」と言うそうです。

 

 

患者さん用に緊急カードをまとめました。

画像をクリックして、保存して印刷で使えますし、

PDFも用意したので、調剤薬局、クリニック、個人的にと使って下さい。

 

【 透析・腎臓患者さん用 】

saigaijisos.jpg

ダウンロード → 災害時透析情報カード(PDF)

 

高血圧、糖尿病など、持病をお持ちの方用の【 災害時情報カード 】も作りました。

saigaijisos2.jpg

ダウンロード → 災害時患者用情報カード

例えば、糖尿病だったら、

 

病名のところに 糖尿病  

(  )の中に、( A1c 6.5 )

 

と、言う具合に書いて下さい。

 

高血圧の方だったら、

病名のところに 高血圧

(  )の中に、通常時の血圧を記入してください。

 

以下、防災マニュアルから抜粋。

 

身体に影響が出やすい薬として、

● 降圧剤

● 心臓の薬

● 糖尿病の薬

 

があります。
 

 

 

日頃から、ご自分の薬を把握しておいてください。

(災害時、非常時に備え、

 薬を2〜3日分を別袋にいれて携帯すると安心です。)

 

 

意外と、自分の飲んでる薬の名前を

全部なんて言えないものだし、

緊急時に、どの薬を飲んでますか?って言われても、

思い出せません。

 

緊急時なので、同じ薬は出せなくても、

薬の名前がわかれば、

似たような薬を処方してもらえることもあります。

 

災害時にパンク状態の病院で、ひとつずつ、

常用している薬を確認するのは大変です。

 

いまや、3人に1人が高血圧。

5人に1人が糖尿病。

8人に1人が腎臓病。

 

緊急時、災害時に、いつでも、

飲んでいる薬がチェックできるように、

処方してもらえるように、

情報カードを定期入れや財布にいれておいてくださいね。

 

 

ぜひ、ご家族や、恋人、友人など、

御持病をお持ちの大切な人に渡して下さい。

 

 

 

いのちを守るのって、本当にちょっとしたことなんですね。

 

熊本復興支援、緊急プロジェクト。

透析・腎臓病患者さんの災害時非常食を届けたい。

2016-04-24 23.59.03.png

TOPNeXT.jpg

ご支援、シェア、宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016/04/27 料理研究家のお仕事&活動後記   宮成 なみ