講演 講師依頼・イベント依頼

べたモノが血になり肉になり、と言う名の体を作ってる。
 
今日、食べた肉も魚もキャベツも大根も、すべて「いのち」で、
私たちはのちを紡いでる。
 
e79a37fc5d8...
 
今日食べたご飯が、私の明日の未来を作るんだって思ったら、ごはんってすごいなぁ、命ってすごいなぁって、入院中の白いベッドの上で、マッチ棒ようにやせ衰えた手足やレンガのように乾いた肌を見ながら、そう思ったんです。
 
気と理が教えてくれたこと。
母や祖母から台所で学んだことはご飯の作り方だけではありませんでした。
 
それは前を向いて笑顔で生きていくためのせのレシピとなりました。
 
食育はむずかしい事じゃない!
“食生活”は「べるきるかす」こと。
 
美味しく楽しく食べて元気をつくる。健康で笑顔溢れる毎日を過ごすために、今日から簡単にできる食改善のポイントと、涙あり、笑いあり、肩の荷がすっとおりて、優しいきもちで料理ができるようになる台所の知恵をお伝えします。
 
食と暮らしの研究家 宮成なみ
 
 
             20151018nis...
 
● 講師プロフィール
 
宮成なみ(みやなり なみ、1976年11月3日 - )は、福岡県田川市生まれの料理研究家。162cm、A型さそり座。楽しい食卓株式会社代表。現在は、週3回×6時間の人工透析をこなしつつ、日本全国、食育講演会や「美味しい減塩セミナー」商品開発など、元気いっぱい飛び回っている。
 
元気の秘密は、趣味は昔ながらの発酵食品作り。フルーツ酵素、ぬか床、甘酒、豆乳ヨーグルトの他にも、麹と大豆をたっぷり使い、美味しい減塩味噌を研究したり、旬の素材を使った風邪予防に勤しんだりと、ムリせず、気負わず、頑張りすぎずをモットーに「毎日のご飯でラクに美味しく元気をつくる」免疫活性「免活」に取り入れている。
 

 

「印刷用のプロフィール資料が欲しいです」とのご要望を頂きましたので、作りました。
(講演会の講師を検討する際にお使い頂ける事前資料です。)
  下記からダウンロードできます。

> プリントアウト用プロフィール(PDF/A4・2ページ)

> 参考資料・新聞記事(PDF/A4・1ページ)

> 小冊子「夢を叶える幸せのレシピ」(PDF/A4・30ページ)

 

 

 

● 今まで話したテーマと演題

【 演 題 】

下記から演題をお選びください。

 1 ご飯で作る愛がある
   〜いのちは食卓からうまれる

 

 2 夢を叶える幸せのレシピ
          ~大切なコトは台所で学んだ

 

 3 美味しい減塩 香りの魔法・人生のスパイス
    ~今日からできる!ムリなく続く食改善

 

 

【 過去の講演会告知文 (講演会の内容) 】

 

大切な人と、美味しく楽しく食べて元気をつくる。

健康で笑顔溢れる毎日を過ごすために、
今日から簡単にできる!ムリなく続く食改善のポイントをお伝えします。

 

「食生活」とは、「“食べる”で“生きる”を“活かす”」こと。
今日食べたご飯が血になり、肉になり、
カラダとなって、あなたの未来をつくります。

 

涙あり、笑いあり、肩の荷がすっとおりて、
優しいきもちで料理ができるようになる講演会です。

 

DSC03984.JPG

 

 

● よく頂く企画内容とご相談

 

・高校生(小学生、中学生、大学生その他学生)に向けて、食事の大切さ、命の尊さなどをわかりやすく伝えることのできる講師を探しています。
 

 

・本校は、朝食の欠食率も高く、昼食も菓子パンなどで済ませる生徒が多くいます。栄養面だけでなく、健康的な食生活を送る為の具体的な方法や高校生でもできる食改善の工夫やコツをお願いします。
 

 

 

・「生涯にわたる健康の保持増進の基礎を培う健康教育をめざして」をテーマに今年度研究を進めております。子供たちの健やかな成長のために、教職員と保護者に、是非貴殿の食育講演をお聞かせいただきたいと切望いたします。

 

 

・本校は、食物アレルギーをもつ子ども達が多くいます。エピペンも持参しています。食物アレルギーを持つ子供もそうでない子供にも食育の大切さを理解してほしい。
 

 

 

・市では「食のまちづくり」に行政と市民が協働して年間を通して多くの取り組みを行っています。その中で毎年「食のまちづくりフォーラム」を開催し、市民の皆さんにより食や健康への理解と関心を深めてもらうための企画を考えています。今年度は、子どもも大人も体験を通して食と健康に興味関心を持ってもらえるようなものを考えているところです。宮成先生には、食と健康の深い関係と大切さについてお話をいただきたいと思っています。

 

 

※ 「こんな企画がしたい」「こういう話をしてほしい」「こんなイベントをしたい」など、ご要望に応じて対応しています。お申し込みフォームの「企画趣旨」の欄にご要望をお書きください。

 

 

◆ 目的

 食と命の大切さを実感してほしい。 

 食の意識改革と行動改革。

 (良い話を聞いて終わった、だけでなく具体的な事例や改善策が知りたい)

 

 

◆ 聴講対象者 

 小学生・中学生・高校生・大学生・専門学生など。
 未来を担う子どもたちに聞かせたい。

 

 PTA、父母の会など、お子様をお持ちの主婦の方。
 

 健康維持増進を目的にした企業様、団体様の社員様(社員研修)
 

 管理栄養士・栄養士、調理師、JA農水を対象とする食従事者の方
 

 看護師、医師、技師を対象とする医療従事者の方
 

 教師、養護教諭を対象とする教育機関従事者の方
 

 

 

※ 行政機関様、各種教育機関様、企業様(社内研修)、

  医療団体様などに多くご依頼頂いています。

 

 

● 過去の実績

 

・ 東大阪市西学校園 歯科医会様 主催 
   医療と食を考える食育講演会 

 

 

・ 高知県 高知大学様主催 
   高知三大学連携
大学生食の自立支援の食育講座 
 

 

・ 東京都 学習院女子大学様 にて食育講演会
 

 

・ 大学生協九州事業連合様主催
 「大学生協九州ブロック食育セミナー2011」基調講演

 

 

・ 長崎県壱岐市 壱岐市健康保健課保健増進班 様 
 「地域食育推進食育講演会」にて基調講演。
 

 

・  大分県 教育委員会様、(公財)大分県学校給食会様 主催
  平成25年大分県食育実践研修会・大分県学校給食振興大会にて、基調講演。

 

 

・ 佐賀県 武雄市食育課様 主催 
  食育全国大会・佐賀大会
プレイベント基調講演
 

 

・ 岐阜県 甲賀・湖南食育推進連絡会議様 主催 
  食育推進講演会 基調講演

 

 

・ 三菱電機健康保険組合九州様 主催 社員研修
   「今日からできる!ムリなく続く食改善」食育講座

 

 

・ 福岡県 西日本新聞社様 主催シンポジウム
  「食卓の向こう側〜半歩先宣言」シンポジウムパネリスト


 

 

 他。一部掲載。

 

● ご依頼方法

 

下記申し込みフォームより、明細をお書き添えの上、送信してください

 

※ ご相談欄のところに、最寄りの駅・最寄りの駅から会場までの移動時間  
  
をお書きいただけますと、スケジュール調整がよりスムーズです。

 

 

  ● 聴講者様・お客様の声
 
 
講演、料理教室にご参加いただいた皆さまからたくさんのメッセージをいただいております。
ありがとうございます。

 

● 講演依頼の流れ

 

講演会開催までの流れをA4・2枚(PDF)にてまとめています。コチラからダウンロードしてください。

お問い合わせフォームより、仮申し込み
 

事務局よりご連絡。スケジュール調整
 

講演受付

必要に応じてお打ち合わせ

配布資料のデータをメールで送ります。

印刷してお使いください。
・ 講演会までの流れ(PDF)
・ 講演会でお配り頂くレジュメ(PDF)

※ ご連絡から1週間以内に届かない時は、ご連絡ください。

チラシ、販促物などができ上がり次第、jpg及びPDにてお送りください。
ホームページ上で告知、ご紹介させて頂いています。

 

講演当日

最寄駅でのお待ち合わせとなります。

お申し込み時に最寄駅と会場到着までに要する時間をお知らせください。

講演会
 

 

● 必要備品

 

プロジェクター、スクリーン、必要に応じて延長コードなど。
スクリーンは会場の大きさに適したものをご準備ください。
ノートPC等、それ以外のものは持参します。

※ パソコンがMacです。接続端子を持っていきます。

 

 

● 撮影について

 

写真撮影はOKです。大変申し訳ありませんがビデオ撮影はお断りします。

 

 

● 配付資料と本の販売

 

 

配布資料は講演会お申込み受付後、メールにてデータをお送りいたします。
印刷してご来場の皆様にお配りください。

販売に際しては長机二つをご準備ください。
釣り銭はコチラで準備しますが販売のお手伝いをして頂けると非常に助かります。
サイン会をご希望の場合は特に販売のお手伝いをお願いします。

 

 

 

 

いつもたくさんのお便り、ありがとうございます!
講演会の感想、応援メッセージからたくさんの元気を頂いています。

 

 

    
食育講演会、イベント依頼